プライバシーを気にかけよう!個人情報は漏れると怖い!

ネット社会だからこそ広まりやすい!

自分が何処のだれかを知られてしまうこと、それは個人情報の流出なんです。もしも自分の情報が盗まれて、それが勝手に使われてしまうなんてことになれば、取り返しのつかない犯罪に巻き込まれる恐れもあります。特に現代社会はインターネットによって情報がやり取りされる時代ですから、個人情報が漏れたりすると、その流出の速さはとてつもないため、広がり方が半端ではないのです。科学が進んだ時代ほど情報が漏れやすいとも言えるでしょう。

個人情報が悪用されてしまう!

万が一、個人情報の漏洩が起きた場合には、どんな被害が起こり得るのでしょうか?例えば迷惑なダイレクトメールが増えてしまったりすることもありますし、勧誘の電話や訪問セールスがやたらと多くなるなどの被害もあるでしょう。これらの被害は実際によくある被害として挙げられますが、悪質な業者によって住所や電話番号が不正に入手されている可能性があります。いつの間にかに個人情報が盗まれているなんてことも、十分にあり得ることなのです。

自分の名前が利用されてしまう!

情報化社会ではログインIDやパスワードが流出する恐れもありますが、深刻化しているのが、自分の情報を悪用されてしまう「なりすまし」なんです。ログインIDやパスワードが盗まれてしまうと、全く別の赤の他人がその本人になりすますことができてしまうんですね。本人になりすましてインターネット上のブログとか掲示板とかにあることないことを書き込まれれば、たまったもんじゃありません。ネットオークションで勝手に商品を注文されてしまう被害も起きているくらいですから、プライバシーの保護はどんな時も気にかけるべきですよ。

1909年にアボット・オーガスタスが特許を取得したのが始まりですがこの時には工場生産される事はありませんでした。1935年、アドルフ・エインガーがパスタ製造機を基にシュレッダーを開発しました