ビットコインでよいところとしては!その方向性

電子的な通貨であり価値が

何かと投機的なイメージが強くなってきてしまっている電子通貨であるビットコインですがあくまで投機になることが目的ではないのです。グローバルの経済通貨となることが設計された際の目的であるとされています。つまりは、国の保証がない通貨が世界中で使えるようにしたい、という考え方であるわけです。別に作られている経緯や作り方を知っている必要性はないですが、あくまで国の担保がない、というのは知っておくと良いでしょう。

何処で使うことができるのか

手に入れることは容易になっているのですが問題となることはそれが何に使えるのか、ということになります。いくらビットコインを持とうともリアル世界の物品、サービスによって価値が出るわけです。電子世界から出てこないのであればゲームのお金と大差ないことになってしまうからです。キチンとリアルの生活によって使えることがとても重要なことであり、今後普及するためにはこれらのことが基本的に大事なことになっていくことでしょう。

何処で買うことができるのか

リアルマネーをビットコインにすることがまずはしないといけないわけですが、それでも意外と大事なことであり、どこでも換えられるような状態でない限りはなかなか普及することはないでしょう。それでも基本的にはこれから期待されている仮想通貨ではあります。ちなみに課税をしようとする世界的な動きもありますから、実はこれからが正念場になります。誰々がメインで流通させている、ということはありませんから誰が舵を切るのか、ということが大事です。

通常の金融システムにおいて送金記録は堅く秘匿されるべきものですが、ビットコインにおいてはその常識が当てはまらず、その全てを誰でも閲覧可能です。