見たくない、聞きたくない!ネット誹謗中傷の対応

同じ土俵に立たないこと

ネットで覚えのない誹謗中傷をされると、誰だって嫌な気分になりますよね。相手が書き込んだ言葉を真に受けて、落ち込んだり、怒ることもあるでしょう。ですが、相手の言葉を真に受けてはいけません。冷静になって、客観的にその誹謗中傷を捉えてみてください。感情的で理不尽な言葉だと気が付くはずです。誹謗中傷の挑発に乗ってしまうと、相手と同じ土俵に上がってしまうことになるのです。反撃は相手の期待に応えてしまう行為なので、誹謗中傷を受けたら、避けたり無視をしましょう。

誹謗中傷をしてしまうのはなぜ?

誹謗中傷による攻撃を行う人は、自分が正しいと思って人を攻撃しており、人より上位に立ち優越感を得るような人間です。もし彼らに反撃してしまうと、プライドを傷つけることになりますので、神経を逆なでして誹謗中傷がエスカレートしかねません。また、ネット上は相手の顔が見えず、匿名の書き込みができる安心感からか、必要以上に誹謗中傷をぶつけてしまう傾向にあります。リアルだととても言えないような言葉も、「相手の傷ついた顔が見えないから」「自分が何者か分からないから」言いやすいのです。

大人の対応を心掛ける

一方的に浴びせられた誹謗中傷に対しては、とにかく感情的にならずに「聞かなかったことにする」「気にしない」のが得策です。誹謗中傷に悩まされたり、落ち込んだりして時間を割くことは、相手の思うツボになります。根も葉もない誹謗中傷は理不尽なことですので、振り回されないようにスルーをすることが大切です。「こんな失礼な人が世の中にいるんだな」「暇すぎてこんなことしているのかな」程度に考えて、大人の対応を心掛けましょう。

検索順位を上げるために検索エンジンのシステムに適すよう、WEBページを最適化するのがSEOですが、反対に、検索結果を下げたいページに対し検索エンジンが検索順位を落とすように働きかけるのが逆SEOです。